シグマ
28~105mm
F2.8~4


トキナー
28~70mm
F2.8
ニコン50mm
F1.4

ニコン85mm
F1.8


■TEXT1-3:着者&装备
●装备?カメラ机材 (旧装备)
カメラ本体
NIKON F801 モビルスーツで言うとゲルググ。
10年以上前の机械ですが、シャッター速1/8000?シンクロ1/250とシャッターユニットは现行のフラグシップ机と同等のスペックを夸ります。流石にAFスピードは现行机には比べるべくもありませんが、操作性もよく使い方を知っていれば撮れない物はありません。「秋名の下りで最速」のハチロクもまだがんばっていますしねぇ。
レンズ
シグマ
28~105mm/F2.8~4
主力レンズ。特徴はコストパフォーマンスが高い事(笑)。
よくある标准ズームより少しだけズームが长く、半绞りほどF値が明るく、IF&绞り羽が9枚で、その上安い(笑)。軽いし(28~70に比べると)、28~200の高倍率ズームは信用してないので灭多に使わないから普段はコレ付けてる事が多いです。弱点は逆光に致命的に弱い事。シグマの特徴だし、安いんだから谛めましょう。
トキナー
28~70mmF2.8
いわゆる名玉といわれるレンズの内の一本。持っているレンズの中で多分一番高い(笑)。定番F2.8の标准ズームで、纯正の次に良い、あるいは纯正よりも良いと评されるトキナーのレンズ。本来コレをメインにすべきなのですが、泛用性重视の时にはお休みになります。西馆屋上では28~105の方が良いです(爆)。
ニコン50mmF1.4 写真の基本は50mmです。コレ一本で何でも撮れます。実はAFのこいつはあまり使ってません。MFの顷最初に使ってたレンズは50mmF2(従来レンズ)なんですけどね。ほとんどお守りとしてバッグに入れて撮影に出かけてます。いざと言うとき、これがあれば何とかなるので。
ニコン85mmF1.8 F1.4ではなくてF1.8。F1.4は高くてとても(笑)。コンパクトでバランス良くて使い易いですよ、使うことがありませんが(爆)。いわゆるポートレートレンズと呼ばれる焦点距离ですが、それも1対1での撮影の话です。使用频度は、24mmの方が絶対多い。
ストロボ
SB24 コレとの组み合わせでのみ、F801は後幕シンクロが可能。正に専用ストロボ。FP発光はできませんが、1/250で日中シンクロも何とか出来ます。実は长らくナショナルを爱用してました。
デジカメ
FinePix 700 150万画素最初の普及机。起动&レスポンスが根限り遅く、バッテリーの持ちが嫌になるくらい悪いが、そー言うもんだと悟ってしまえば问题ない。长らくコンパクトカメラ持ってなかったので、その小ささに重宝しています。
-TXT1-3:着者&装备-
■TEXT1-3:装备?カメラ机材
<>



<>
<>
<>
<>
装备?カメラ机材绍介(旧)(このページ)

このページにある机材は、现行装备ではなくなっています。サブカメラとして主に使用。
ちゃんと、このページも更新したいと思うのですが???时间がありません(汗)。


■■现行机材(2006.7月现在)■■

■カメラ

 フィルム机メイン: F100   フィルム机サブ : F801
 デジカメ机メイン: D200   デジカメ机サブ : D70
 保存机: ニコマート FT
 趣味机: α9000

■レンズ

●大口径ズーム /スコタコ(スコープドッグ)
  トキナーATX 20~35㎜/F2.8
  トキナーATX 28~80㎜/F2.8
  AF NIKKOR 80~200㎜/F2.8 ED D

●単焦点 /これは良い物だ
  AF NIKKOR 50㎜/F1.4 D
  AF NIKKOR 80㎜/F1.8
  AF NIKKOR 35㎜/F2

●望远 /バスターランチャー +佑巳さん
  170~500㎜/F5~6.3 D APO
  AF NIKKOR 70~300㎜/F4~5.6 DE D

●デジカメ専用 /买っちゃいました。
  DC 18~50㎜/F2.8 EX D

●マクロ /出番は春?秋
  AF MICRO NIKKOR 105㎜/F2.8

●高倍率ズーム /便利で堕落(笑)
  タムロン 28~200㎜/F3.8~5.6 XR
  タムロン 28~300㎜/F3.5~6.3 XR

●二军 /まだ现役。非常时出动
  28~105㎜/F2.8~4 ?ATX 28~70 F2.8? AF NIKKOR 300㎜/F4 ED ?
  24㎜/F2.8 ?400㎜/F5.6 ?100~300㎜/F5.6S 等々

●その他 
  マニュアルの50㎜/F1.4とか、50㎜/F2とか、105㎜/F3.8とかいっぱい(笑)。

●ミノルタ /コニミノでもなくソニーでもないα
 20㎜F2.8/50㎜F1.4/35~105㎜

■デジカメ:
 リコーR4
 リコーR1v
 カシオEX-S2
 OLYMPUS CAMEDIA E20 /ワイドコンバージョンレンズ/テレコンバージョンレンズ
 FUJI FINE PIX F4700
 OLINPUS CAMEDIA C40




★カメラについてのウンチク~言いっぱなしジャベリンLE~★

 私は露出モードはすべてマニュアルで撮っています。プログラムを使わないのはまあ当然として、绞り优先AEやシャッター优先AEは必要に応じて使い分けるのが楽だし王道だと思うのですが、全部マニュアルで処理してしまいます。私の撮り方ちょっと特殊でして、ファインダーではなくて军舰部の露出インジケーターで露出を合わせる癖がついています。构える前に大まかな露出は合わせておいて、ファインダーでは确认くらいしかしてません。

 最初に使った一眼のニコマートFTにも同じような机构がありまして、ファインダーをのぞく前に大まかな露出はあわせてしまう撮り方が身に着いてしまいました。次のF801のインジケーターが更に使いやすかったものですから、この癖は抜けてません。マニュアルだとAEと违って露出补正もアドリブで行えますし、惯れてしまうとものすごく楽です。ただ、特殊であり、ある意味邪道。万人にお荐めできる撮り方ではありませんが。

 おまけに、选べるカメラの选択肢が一気に狭まります。军干部で露出インジケーターが确认できないとダメなので、F801系の後継机F90系は、买い替えの选から外れました。インジケーターではなく、+-の数字表示なんです。そうこうしているうちに、悟ってしまいました、壊れて动かなくなるその日までF801使い続けようって(笑)。

 F801、良いカメラですよ。ちょっとばかり亲バカ的ヒイキもありますが(笑)。上にも书きましたが、シャッターユニットのスペックは今のカメラに负けません。ここがカメラの基本であり心臓部であり、ここ以外の性能は全て撮影者の腕でカバーできます。少なくとも、私の体得した写真の撮り方では、そういうことになってます。撮れなかったら、私のせい。カメラやその性能のせいにするのはお门违い。その条件で「○○みたいな写真」は撮れなくても、「良い写真」は撮れるはず。撮り方は絶対にあるはずです。

 MSでいうとゲルググってのは、この辺り。古くても基本スペックは非常に高いです。新兵の乗ったジェガンやプチモビ(Vのロボット)に负けるとでも?一年戦争から戦い続けてきた私とこのゲルググが!?って感じでしょうか。Zで、一年戦争を生き延びたパイロットのアポリーだったかロベルトが言っています「自分达は、マニュア通りの戦い方はしていません」。そんな感じです。もっとも、使うモードはマニュアルですが(笑)。

 でも、测光モードが「中央部重点平均测光」ではなく「マルチパターン」を基准に补正してある辺りが弱いかも、私(笑)。

 最後に笑い话を一つ。

 散々褒めちぎってるF801ですが、弱点が二つあります。一つはスポット测光が无いことと、もう一つは动体予测が无いこと。この二つがあれば完璧なのに。ちなみに、SはF801を买って半年もしないうちに発表されました(笑)。

 このネタわかる人、どのくらいいるんだろう????。


PS: 801って、最近ではやおいの隠语なのね。検索してそっち系にヒットしまくり(笑)。